数秘のプロになるには!

あるサイトから引用しました。

「占い教室にも行ったし、占いのDVDも本も
山のように購入したのに、

プロになってもお客様が来なくて,

 どうしたらいいのでしょうか」という相談が多くあります。

「数秘術1日講座」「カルチャーセンターの講座」では、

簡単に占いの初歩的知識を手に入れることはできますが、

「簡単にできる占術」だと思いこんでいる人が多いのです。

(車の運転を教科書で習って運転はしたことがないというのと同じです。

運転したことのない者に資格証を与えるのはいかがなものですか?)

 
身を立てているプロ占い師として数秘術は、
そんなに簡単な占術では、ありません。

なりたいのであれば、
レベルの高い数秘術ができないと
収入には、つながりません。
 
趣味レベルのカルチャースクールや占い本
「入門編」の知識を身につけても、

(資格講座も同じく) 意味がないのです。
学んだ気になっているだけです。
 
セミナーや勉強会に参加して、
インターネットで数秘術を調べまくって、
 
「私は、数秘術の高度なリーディングができている」

と思っても、
お客様からすれば「たいしたことない」という事が多いです。
 
成功したければ、
他者を寄せつけない圧倒的なリーディングスキルを
身につけないといけないのです。
 
プロの占い師は
「できるつもり」というのは通用しません。
 
圧倒的なリーディングスキルがないのに、
プロとして活動しても、満足な収入を得られるはずがない。

本来は「タロット数秘術西洋占星術」は
3つで1セットと捉えてリーディングするのが正当な使い方です。

(注意:この点は大きな間違いです)

ゲッターズ飯田は13種類です。

 

注:タロットは偶然性です、数秘は一次元の単数です、

占星術は、新聞、雑誌の記事用で、実用性がありません。

いくら古典を習っても、実証がなければ意味ありません。

この3点セットを習っても、相談者のニーズには、こたえられません。

できるのは、

「お遊び程度、女性のおしゃべりのお相手程度」です。

  
数秘術には「落とし穴」があります。
根拠がない流行ものの「○○数秘術」が多いのですが、
こういったものは、自分を鑑定する上では、

(無責任でも)いいですが、
プロ占い師の業界では、通用しません。

プロ占い師の世界では
「占術=学問」という捉え方をします。
 
根拠のない「○○先生が考えたオリジナル数秘術」というのは、
これからプロ占い師として活躍したいという方には、
オススメできません。

必ず間違いがあります。
 
趣味レベルだったらいいのですが、
プロになると通用しないという現実が待っています。
単なる、流行ものを学んでも意味がないのです。

薄っぺらい鑑定しかできなければ、
お客様が来ないのは当然なのです。
 
お客様が来なければ収入も入ってきませんから
占いで生計を立てることは困難ですよね。
こういう方が多いので、驚いています。
 
どうせ習うのであれば、
実績を出しているプロ占い師から習って下さい。

「鑑定料をいただく」という重みを理解し、
責任をもって、自分を高めることが求められると思います。

「プロの鑑定師を目指すなら」も参考に!

イベント会場の女性占い師に聞くと、今まで勉強にかけた費用は100万近く

果たして、その投資は、生きていますか?

その場で買った本には、誤りが!ありました。