愛着障害のチェックリスト

この愛着障害チェックテストは

「子ども虐待という第四の発達障害(杉山登志郎 著)」
の内容を元に引用・作成

当てはまる項目にチェックを入れてください。

 

感情面
孤独化、疎外感を持っている
脳内の緊張が高く、いつもイライラしていて、抑制ができない
一度泣き出したら、なかなか自分からは泣き止む事ができない
かんしゃくを起こしやすい
心から楽しんだり、喜んだりできない
人からムラッ気があるとか、怒りっぽいと見られる
生活パターンの変化に適応できず、パニックを起こしやすい
未来に絶望を感じている

 

行動面
過度の刺激を求める
愛そうとする親や権威のある人に攻撃的、挑発的である
反社会的行動が目立つ
破壊的行動をよくする
衝動や欲求不満に自制がきかない
自分のしたことに責任を持たず、他人に責任を転嫁する
自虐的で、動物や自分より弱いものに残酷である
食べ物を隠してためる、暴食、過度の偏食、じっと座って食べられない
多動である。

 

思考面
自分自身、人間関係、人生に否定的な考え方を持っている
自分に自身がない
新しいことやリスクの多いことには挑戦できない
年齢相応の考え方ができない
忍耐力や集中力が低い
因果関係がわからないため、常識が通用しない
※パターンに固執し、柔軟な考え方ができない

 

人間関係
人を信頼しない
人から情愛や愛情を受け入れず、自分も与えない
倫理観の欠如から良心が育っていない
見ず知らずの人に愛情を振りまき、まとわりつく
平気で他虐行為を行う
自分のまちがいや問題を人のせいにして責める
不適当な感情反応を引き起こすので、同年配の友だちができない
人の目を見ない、見られるのをいやがる
他人の感情を把握できず、共感や同情ができない

 

身体面
年齢相応な身体の発達が未熟で、小柄な子が多い
痛みに対して忍耐強い
触られるのを激しくいやがる
自分に不注意で自虐的なので、けがをしやすい
非衛生的になりがち

 

倫理面・道徳面
自分を悪い子だと思っている
愛することができないと思っている
有名な悪人や犯罪者にあこがれる
自画像を書かせると、悪魔の図を書く(アメリカの場合)
後悔や自責の念がなく、自分を社会の規範の外にいる存在だと思っている

当てはまる項目が多い方は愛着障害である可能性が高いと言えます。

これらの特徴と合わせて幼少期に

①虐待(肉体的・精神的)、

②育児放棄、
③母親と死別したといった家庭環境にいた方は、ほぼ確定かもしれません。
 

以上は。ネットからの情報です。