勉強中の皆さんの専用ページ①

ご意見、ご質問などありましたらご連絡下さい

ご質問は、申し込みいただいた時のメールアドレスでお願いします。

リンク先「訂正のおしらせ」ページを作っています。

 

生徒さんの質問より

占う意味のある位置に、破壊数が、全部でいくつあるか数えて判断するのでしょうか?

同じような質問で、破壊数展開の記入法のページに

「1カ所に破壊数をまとめる事はしません」と記載がありました。

破壊数を1カ所にまとめるとは、どういう事でしょうか?

 

6つの枠がありますが、その内の一箇所に吉数、破壊数を集約することです。

例えば、3のW破壊が2か所あるとすると、集約すれば3は4つの破壊に

 することです。

まとめないで、そのまま「全体を俯瞰して」という事が大事です。

どの宮に偏っているか?

どの数が破壊されているか?吉数があるか?が関係します。

  ---------------------

破壊数は、その位置に1つでも付くと悪い意味にとらえるのでしょうか?

 

:占う目的(占的)によります。

1つくらいなんでもないという場合と、

この一つが、その人にとって

重大な意味を持ってる場合とがあります。
時の運が強いか弱いかにもよります。

鑑定結果+実相(態)+経験則です。

実態把握と経験による判断です。

破壊数であっても「他の方法で、克服している場合」がありますので、

 

実態の確認が必要です。

一つでもあるという事は、ある時点では、問題になるという事です。
イチローも三振の時があります。
しかし、人生全体から見れば、それもありうるという程度です。
人生、山坂あって当然、年を重ねると、わかってきます。

良くなるか悪くなるか?その時々をどう処するか?によって後につながります。

破壊数だけでなく吉数にも注目する必要があります。

最近の鑑定例では、破壊数が「その人の強み」という例もありました。

つまりは、破壊数で救われているというケースです。

ほとんどの人が、破壊数に気を取られて、吉数の働きを観ることを忘れています。

ネガテイブ思考に偏っているという鑑定者自身の傾向です。

また、破壊数であるけれど、吉数であるという場合(中宮はすべて吉数)

この場合も、中途半端な解釈をしてる場合が多々あります。

吉凶両極端という中途半端な判定は、してはいけません。

吉とする内容と、注意すべきところを指摘します

防衛機制に注意して防衛機制に配慮して

 大抵の人は「吉凶判断の偏り」があります。

性善説(女性がこの傾向)

性悪説(男性がこの傾向)

鑑定にはバランス感覚が、大切です。

 ⇨④に参考ページ

------------------

破壊数が、沢山あるのが気になります。

 

:最初は、だれも、そういう印象を持ちますが、一つ一つには、

それぞれの意味があり、特定の個所に固まりやすい性質があります。

また、破壊数というのは、自分の弱い点なので、一つの警告です。

誰も自分の弱い所は、認めたくないという考えを持ちますが、

課せられた課題と思うのが素直な取り方です。

成功している人だって良い数字ばかりでは、ありません。

松下幸之助は病弱で、寝てばかりいました。

他にも有名な経営者に破壊数が多くある人もいます。

破壊数もどの様に吉に変える努力をするかという事が大事です。

時には、破壊数が強みになることもあります。

 ----------------------

 宮とは何ですかネットで見てもよくわかりません。

  

A:方陣の各9個の四角を表します。各四角の場所の名称の中の事です。

9個の四角で囲まれた方陣、その中の数字は、時間とともに変化します。
(表示は基本盤)
この各四角の中の名称の真ん中が中宮です。数字毎に意味があるように各四角の
場所そのものにも意味があります。


Q:宮と数字の意味の関係は?

 

A:宮の場所そのものの意味と数字とは基本的に関連がありますが、

それぞれ単独で解釈する場合と、合わせて解釈する場合があります。

同じ宮に破壊数が重なると数字に関係なくその場所の意味が強くなります。

吉数の場合も同じです。

重なった場合は、宮の意味に数字の意味をプラスします。

しかし、これだけの説明では、概要しかわかりません。

テキストの宮の意味と、実際例で勉強してください。

 

Q:象意( しょうい)とはどういう意味ですか?

 

A:占い用語集の解説
象は「かたどる」の意味で、八卦や九星などの表す意味合いを、
物や自然現象になぞらえたもの。
目に見えるすがた。あらわれた物のかたち。
「形象・天象・気象・万象・対象・印象・具象・現象・抽象」

繋辞伝では「象は像(かたどる)なり」とされている。

1~9までの数意や各宮の表す意味です。
------------------------------------------------
Q:相性比較の表を完成させ、吉数(姓名数と名数)
に◯をつけ5の逆の破壊数に×をつけました。

そこから、どう比較して行けばいいのかがわかりません。

 

A:「鑑定事例」の教材を参考にしてください。

まだの人は、展開は、お待ちください。

「数字と宮の意味」の教材に各数字の意味。

下段は、凶数の場合の意味を解説してあります。

また、宮の位置の説明に場所の意味が書いてあります。

例:左上(巽宮)は結婚運を表します。

この場所が破壊していれば、その破壊の数に比例して結婚運が弱いという事になります。

金運のところ(兌宮)恋愛運と重なりますが、

◯の吉数ならば恋愛運ありです。

 

②吉は吉数で凶は、破壊数ということですか?
その通リです。

破壊数があるからすべてダメという事では、ありません。

時の運が強い場合は、破壊も弱くなりますが、

その逆では弱くなります。

 

   ⇨勉強中の皆さんのページ②リンク先