アダルトチルドレン

「アルコール依存症の人を主にする、機能不全家族の中での、幼少期のストレス体験を受けて
育った者」という定義から離れて、マスコミなどで恣意的な逸脱した意味で流布されるように
なったため、斎藤学はこの語を使うことをやめるかわりに「アダルトサヴァイヴァー」を用いる
ようになった。信田さよ子も著作『「アダルト・チルドレン」完全理解』を刊行、

近年では「幼少時代から親から正当な愛情を受けられず、身体的・精神・心理的虐待または過保護、
過干渉を受け続けて成人し、社会生活に対する違和感があったり子供時代の心的ダメージに悩み、
苦しみをもつ人々」を総称して、メンタルケア(心理療法)が必要な人をアダルトチルドレンと
呼ぶこともある。

 

アダルチルドレンの主なタイプ
 
マスコット(ピエロ、クラウン、道化師):おどけた仮面を被って不安を隠してきたタイプ
外面 - 過度にかわいく子どもっぽい、家族の笑いと関心の対象、か弱くて保護を必要とする
内面 - 自己評価が低い、恐れ、孤独、無力感
言動 - ふざけ、ユーモア
弱点 - ひょうきん、ストレス処理が下手、いつもヒステリー寸前
長所 - 人あたりがいい、良き友人となる、頭の回転が速い、ユーモアのセンスがある、有能
 
ケア・テイカー(世話役):親や周囲の面倒を見てきたタイプ
リトルナース:家庭の問題をサポートをしてきたタイプ
イネイブラー:家事介護など家の中の用事をしてきたタイプ
プラケーター:家族の仲介役をしたり、慰めたりしてきたタイプ
 
外面 - 優しい子、思いやりのある子、聞き上手
内面 - 自信のなさ、責められてると感じやすい 、正当な欲求を押し殺す
言動 - 周囲の役に立つように頑張る、困っている人を放っておけない
弱点 - 自分がない、一線を引けない、依存されることを追い求める
長所 - 努力家、責任感、道徳感に秀でる、世話見がよい
 
プリンス・プリンセス(意思のない人形):周りの望む通りに生きてきたタイプ
面 -良い子、自慢の子、気の利く子
内面 -自分の考えに不安が強い
言動 -周りの期待通りの行動をとる、他者に合わせることで自分の居場所を確保
弱点 -周りに流される、選択を失敗した時は他人のせいにする、自分と他人の考えが違うと自分の考えを否定
長所 -人が望むことを察知することが得意、指示をこなすことに長けている、失敗しないように他人の話をよく聞く
 
ヒーロー:家族の期待を一身に背負ったタイプ
外面 - 小さな親、小さな大人、生真面目、努力家
内面 - 心の傷、不適応感、罪悪感、過剰な自尊心
言動 - 他者に自分の評価を押し付け尊敬を得ようとする
弱点 - 仕事依存、依存的な人と結婚、人を支配し操作、完全主義
長所 - 自身の失敗を許容、自己に厳しく他者に寛大、管理職の適性
 
スケープ・ゴート(身代わり):家族の問題を行動化するタイプ
外面 - 反抗的、陰気、反感を買う行動、張り合わない
内面 - 心の傷、見捨てられ感、怒り、拒絶、不適応感、低い自己評価
言動 - 問題を起こし注目を集める、自虐自傷自罰行為、自暴自棄
弱点 - アルコール等依存傾向、問題児、年少妊娠や犯罪の傾向
長所 - 現実の直視、立ち直る勇気、人を助ける力
 
ロスト・ワン(ロスト・チャイルド、迷子、いなくなった子):存在しないふりをして生きのびたタイプ
外面 - 顔を見なくても誰も気にしない、無口で陰気
内面 - 孤独、傷つき、見捨てられ、恐れ、あきらめ、挫折感
言動 - 少なくとも手がかからない、心配させないという意味では良い子
弱点 - 優柔不断、孤独、「NO」と言えない、行き当たりばったり
長所 - 自立している、才能豊かで創造的、はっきりしていて決断力に富む


以上 wikipediaより引用