どの占いが実用的か?

1986年、5歳の時(1981年生まれ!?)に停車中の電車の中で眠ってしまい、
迷い子になり、25年後(2011年!?)、母に再会するという実話を基にした
映画、ライオン。

これを占法で解説できますか?
占い3種類
「卜」では、ばらつきがあり、元々無理。

(代表的なものは易、最近はタロット、2か月先が限界)
「相」では、25年も先では、根拠に難点。
(手相、数か月先でも確率は、急低下)
「命」でも、伝統的なものは、無理でしょう。

(九星、四柱推命、算命学など、その他は勿論、

伝統的なものは、足かせがあり、改良できせん)
西洋式(占星術、数秘術など)は、総倒れです。

 

近代的に統合した占法⇒「占いの花束」なら、新人の初歩的問題にも使えます。